MTV UNPLUGGED - Momoiro Clover Z

ABOUT MTV UNPLUGGED

「MTV Unplugged」は、"プラグを抜いた"の意の通り、アコースティックな手法とオーディエンスとの親密な距離にこだわり、独特の緊張感と一体感に包まれたライブ空間を実現する、MTVが誇る大人気企画。1989年にニューヨークで初めて実施されて以来、エリック・クラプトンやマライア・キャリー、オアシスといった音楽界のスーパースターから、アデル、ケイティ・ペリー、アダム・ランバートらポップシーンの実力派まで、100組を超えるアーティストが出演し、「出演できるのは一流の証」とさえ言われている。日本制作ではこれまで第1回の宇多田ヒカルをはじめ、計32組が出演しており、ももいろクローバーZは女性アイドルグループとして初めてこの伝統的なステージに挑む。

ON AIR INFORMATION

ON AIR INFORMATION

【Unpluggedオンエア記念!】
ここでしか手に入らない貴重なグッズのプレゼントキャンペーンが決定。
  • ・当選者の宛名付き!メンバー直筆サイン入りMTV Unplugged: Momoiro Clover Z
    撮り下しポスター 5名様
  • ・MTV Unplugged: Momoiro Clover Z 撮り下しポストカード 300名様
  • 応募期間
    2017年12月15日~2018年2月1日23:59 締切
  • 応募条件
    スカパー! でMTV単チャンネルおよびMTVを含むパック・セットを
    ご契約いただいている方
  • BSスカパー!での放送が決定


    『ももクロのMTV Unpluggedを科学する』

    放送日時:2月10日(土)18:30-20:00


    『MTV Unplugged: Momoiro Clover Z』

    放送日時:2月10日(土)20:00-21:00

    チャンネル:BSスカパー!(BS241/プレミアムサービス579)

    視聴方法:スカパー!のチャンネルまたはパック・セット等のご契約者は無料でご視聴いただけます。

LIVE REPORT

女性アイドルグループ初!
ももいろクローバーZ MTV 伝統のステージで新境地のライブを披露

2017-11-08

Photo
ももいろクローバーZ が11/7(火)に鶯谷・東京キネマ倶楽部にて音楽専門チャンネル「MTV」の⼈気シリーズ『MTV Unplugged』の公開収録を行った。
『MTV Unplugged』に日本人の女性グループが出演するのは彼女たちが初。百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、有安杏果、高城れにの5人にとっては、2011年に早見あかりが脱退した翌日から1週間にわたって展開されたトークバトル「試練の七番勝負」を⾏い、“ももいろクローバー”から“ももいろクローバーZ”へと進化した思い入れの深い場所である。いわば第2幕の幕開けを飾った舞台に帰ってきた彼女たちは、コール&レスポンスや席を立つことができないライブのスタイルや厳かなムードに多少戸惑いながらも、百田は「一流の人しか立てないステージに立たせていただけて嬉しいです」と喜びを語り、高城は「ももクロの挑戦ですね。新しいももクロを見せたい」と意気込みを見せた。
Photo
エネルギッシュなダンスを封印された彼女たちは、ピアノ、ギター、ベース、パーカッション、4人のストリングス隊を従えた8人編成によるバンドが鳴らす音に耳をすませ、まっすぐに前を見据えながら、しっかりと歌うことに集中していた。
「サラバ、愛しき悲しみたちよ」では有安が4人のユニゾンを一人、下ハモで支え、百田と佐々木が肩を組んで歌った「WE ARE BORN」では個性の異なる歌声で楽曲のスケール感を広げていった。百田、玉井、有安による息のあった3声から始まる「DNA狂詩曲」では観客に勇気を与えてくれる力強い歌声を響かせた。
5人がステージ上に用意された椅子に座り、『MTV VMAJ 2017』で「最優秀邦楽グループビデオ賞」を受賞した最新シングル「BLAST!」を歌い始めると、フロアからは自然とクラップが巻き起こった。
アコースティックながらもバウンシーなヒップホップナンバーから一転し、「モノクロデッサン」では穏やかな歌声でノスタルジックな風景を引き連れ、「ももいろクリスマス2015〜Beautiful Survivor〜」公演のテーマソング「今宵、ライブの下で」では一足早いクリスマス気分を味わわせてくれた。ここで、この日の衣装について、佐々木が「ピンキーとキラーズを意識した」と明し、玉井は「ももクロらしいフォーマルだよね」と続けた。
Photo
さらに、ピアノをメインにした「白い風」、アコギを基調にした「⻘春賦」とトーンの異なるバラードを立て続けに披露したところで、百田が「私たちからダンスをとったら何も残らないよね」と語り出すと、佐々木も「みんなも座ってる私たち、飽きたんじゃないかな?」と同意し、ブギーなファンクナンバー「マホロバケーション」からダンスを解禁。
「行くぜっ!怪盗少女」では、百田の“えび反りジャンプ”ならぬ、“えび反りシンバル”が⾶び出した。続く、「走れ!」も振付はアンプラグドバージョンになっているので是非オンエアを楽しみにしてほしい。
最後に、アニメ『美少女戦士セーラームーンCrystal』オープニングテーマ「MOON PRIDE」から、ジャジーにアレンジされた「灰とダイヤモンド」をドラマチックに歌いあげると、百田は「音楽と真正面から改めて向き合えた気がします。こんな私たちもいるんだぞっていうことを忘れないでください」とコメントしたあと、「最後だけみんなと大声を出していいっていう許可を得ました」と観客に語りかけ、プレミアチケットを手に入れた320名の観客と一緒におなじみのあいさつ「私たち、今会えるアイドル、週末ヒロイン、ももいろクローバーZ!!」を全力で行い、歌に真正面から向き合い、大人の表情を垣間見せたステージを締めくくった。
なお、ももいろクローバーZは、11月11日から47都道府県を巡る『ももいろクローバーZ ジャパンツアー「青春」』のSeasonⅡを実施。12月には、さいたまスーパーアリーナと大阪城ホールで『ももいろクリスマス2017』を開催する。